冷えに効く漢方薬の中でも特にオススメ

脚、腰、背中、肩、腕…と、全身が冷える冷え性。
冷えるだけならまだいいけど、ズキズキと痛むこともしばしば。
そんな厄介な冷え性に有効なのが漢方薬。

運動不足などで血液の循環が悪いのも原因として挙げられることが多いから、
まずは運動をして代謝を上げ、血行を良くすることが一番なんだけど、
同時に漢方薬で働きかけるのもオススメだよ。

今回紹介するのは「当帰四逆加呉茱萸生姜湯」
まずくて飲めたものではない、なんて声もたまに聞くけど、
味の感じ方は人それぞれだからまずは一回試してみてね。

漢方薬を飲み始めたけど全然良くならないって声もよく聞くけど、それで正解。
そもそも漢方薬は即効性がある薬ではないので、冷えがなくなるまでに1年かかった
って話も良く聞くよ。
少し長いスパンでの改善になるけど、確実に効果が出るから安心してね。

冷え性なのに体温が高めって人もたまにいるよね。
下半身は冷たいのに上半身に熱がこもってしまう「冷えのぼせ」という症状の場合も
あるけど、体温が高くなる基礎疾患っていう可能性もあるから注意が必要。
平熱が常に36度台後半以上って人は、まず内科を受診して冷え性以外にも甲状腺
などの検査をしておくと安心だよ。
手足の先が異常に冷たくなる末端冷え性。
毎年冬場は辛いよね…。

そんなつらい冷え性にオススメなのが漢方薬。
ただ、漢方薬は効能より証(体質)を優先すべきものなので、
効能をみて適当に試してみたら副作用が出た…なんて話も時々聞くよ。

養命酒なんかも冷え性に効くって言うけど、やっぱり合わない人には
合わないみたい。

手軽にドラッグストアで買える物を、なんて思うけど、保険も利くし
病院でお医者さんに処方してもらった方が自分の体質に合ったものを安価で
手に入れられるから、時間があるようだったら病院へ行くことをオススメするよ。

ちなみに、養命酒よりもツムラから出ている薬養酒の方が、漢方メーカーが作っているだけ
あって冷え性に効果のある生薬が含まれているから期待できるかも!

価格が養命酒より高いから、そこがネックなんだけど…
1日分なら300円程度で買えるから、数日試してみるのもいいかもね。

いずれにしても、漢方薬は長い時間をかけて毎日摂取することで体質を改善していくもの。
その辺を念頭において、自分に合った改善方法を探していってね。
冷え性に良いと言われている漢方薬。
でも、自分で漢方薬局等で購入すると保険も利かないし高いよね。
処方内容にもよるけど、月2~5万円かかることもあるみたい。
漢方薬は即効性のある薬じゃないから長いスパンで続けて飲んでいくことが
大切なんだけど、値段が高いと継続していくのが大変だよね。

不妊に悩んでいる女性にも漢方が人気。
不妊の原因は冷え性であることが多いから、漢方で体質から改善していこうと
考える人も多いみたい。
まずは冷えを取ってから、体調に合わせて順番に処方内容を変えていく
周期療法が良いと言われているけど、やはり自分ではなかなかわからないものだよね。

参考までに…
朝→温経湯・当帰芍薬散

夜→六味丸・補中益気湯

を毎日飲んでいて足の冷えが治ったって人がいるよ。
それでも、完全に改善されるまで1年半。
効果は出るけど、時間もかかるのは知っておいた方がいいかも。

一番良いのは、やはり病院へ行くこと。
自分の症状や体調を診て、合った漢方薬を出してくれるから安心だよ。
保険も利くから月数千円で効果を得られるし、効率がいいよね。
漢方薬が気になる人は、まずはお近くの漢方内科を訪ねてみてね。
漢方薬って苦いよね。
冷え性で病院へ行ったら顆粒の漢方薬を処方されたけど、苦くて毎日続けるのは苦痛…
なんて声が良く挙がるし…
錠剤がある漢方薬もあるけど種類が少ないから、その中から自分に合う薬を
見つけるのもまた大変だよね。

冷え性を効能に持つ漢方薬はいくつもあるけど、体質や体調によって
使い分けがあるからやっぱり病院や漢方薬局で相談するのが一番。
体質に合わないと副作用が出やすくなっちゃうんだって。

顆粒になった漢方薬は、元々は煎じ薬だったものをフリーズドライまたはスプレードライ
で顆粒にしたもの。
そのまま飲んでも良いけど、お湯に溶かして煎じ薬に戻して飲むとさらに効果が高まるよ。
もちろん、味は苦いけど…
冷え性への効果を求めるならお湯に溶かして飲むことで体が温まるし、
実は体との相性も確認できるんだよ。

○味はひどいけどまあ飲める:これが普通の相性で、たいていの場合はよく効くよ。
○飲みにくいとは思わない、あるいは飲みやすいと感じる:これは最高の相性!確実に効くよ。
○ひどい味で、口に入れた途端に吐きそうになる。
 あるいはどうしても飲み込むことができない:これは副作用が出る恐れあり。
漢方薬全般が苦手でどの薬も飲めない人がいるけど、その場合は漢方薬に
こだわり過ぎなくても良いのかも。

自分に合った錠剤の漢方薬が見つかって効果が出れば一番だけど、体質に合った漢方の
錠剤がない場合は、合わない薬を飲むより他の方法を探した方が無理なく続けられるよね。
漢方薬に保険は利く? ~冷え性改善への道~

冷え性で悩んでいる人、多いよね。
手や足の末端のみならず、腰や背中まで冷えてしまって、中には
冷えすぎて痛みまで出てくる人も…
そんな冷え性に良いと注目されているのが漢方薬。
時間はかかるけど続けていれば必ず効果が出ると言われているよ。

ただ、問題はお値段…

自分で漢方薬局へ行って冷えに効く漢方薬を買おうと思うと、保険が利かないから
かなり高額に…。
それを長く続けていくなんてとても大変だよね。

実は…病院でも漢方薬が保険適用になるんだって!

婦人科で冷え性がひどいことを伝えると、しっかり「冷え性」と診断してくれて
漢方も保険適用で処方してくれるんだとか。
もちろん、保険が利いてるから薬の値段もだいぶ安い!
半年~1年くらい毎日続ければ症状もなくなるみたい。

値段が高くて長く続けられない…と、漢方薬での冷え性改善を諦めていた人は
ぜひ、病院へ行って自分の体質に合った薬を処方してもらってね。
体質改善がカギ!~冷え性にならないための生活習慣~

こんな症状、感じたことない?

・いつも顔がむくんでいる

・手足やお尻、太ももが年中冷たい
・すぐ喉が渇く、唾液が少なく粘つく

・トイレが近い
・首や肩がこる
・夏暑がりで冬寒がり
・低血圧

実は、上にあるのは冷え性の人に多い症状だよ。
これらの症状を和らげるためには、身体の中から改善する必要があるよね。

その為に大事なのは、生活習慣!

まずは水分をたくさん摂ること。
水分をしっかり摂ることで腎機能が高まって水分代謝がよくなるよ。

食事は野菜から食べること、スープや野菜、少なめのたんぱく質と炭水化物も
しっかり摂るといいよ。

あとは運動!
ウォーキングもいいけど、スロージョギングがオススメだよ。
やり方が分からない人は検索して調べてみてね。

これらに加えて利用したいのが漢方薬。
市販だと高いけれど…扁鵲(へんせき)と言う脂肪過多のお薬が、血の巡りを良くして
肩こりや冷えを治してくれるからオススメだよ。

病院でも保険適用で処方してくれるから、冷え性がひどい人はまず病院で
自分に合った漢方薬を処方してもらうのが良いかも。
冬になるとひどい冷え性でつらい思いをしている人も多いよね。
中には一年中冷えに悩まされている人もいるみたい…。
病院へ行くのが一番だけど、仕事もあるしなかなかいけないっていう人の為に、
オススメの漢方薬を紹介するよ。

◎冷えに効く漢方薬

【当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)】

・手足や下半身の冷えを感じる人で、冷えると下腹部痛、腰痛、頭痛などがある、
 血のめぐりが悪くて身体が冷える人に。

【八味地黄丸(はちみじおうがん)】
・手足が冷えたり、ほてったりする人で、だるさや疲れがひどく、腰痛、しびれ等がある、
 同じく血のめぐりが悪くて身体が冷える人に。

【五苓散(ごれいさん)】

・むくみが強く、口の乾きがあり、尿の量が少ないなど、むくみをともなう冷えがある人に。

【真武湯(しんぶとう)】
・全身に冷えを感じやすかったり、下痢をしやすかったり、めまいやふらつきがある人で
 むくみをともなう冷えがある人に。

【人参湯(にんじんとう)】

・もともと虚弱体質で、体力が低下していて胃腸も弱り、下痢や腹痛を起こしやすいなど
 胃腸が弱いことから冷える人に。

【六君子湯(りっくんしとう)】
・胃腸の働きが弱く、みぞおちにつかえた感じがあり、食欲がわかない人の冷えに。

【五積散(ごせきさん)】

・下半身は冷えているのに上半身がほてる冷えのぼせがある人で、腰や下腹部が痛む人に。

以上7つが冷えに効く漢方薬の中でも特にオススメ。
薬局やドラッグストアで買えるから、自分の症状に合うものを試してみてね。

知らないと危険?! ~漢方薬の正しい処方~

冷え性がひどく、特に昼食後や入浴後に背中や下腹部、太ももなどが氷のように冷たく
なったり、酷い時には吐き気やめまいがしたり…
そんな状態が続いたので、いよいよ薬局へ。
勧められるがままに「加味逍遥散」という漢方を飲み始めたけど
2、3日で顔に湿疹が出たり鼻や喉の粘膜部分が熱くヒリヒリしたり…
これって体質的に漢方が合わないってこと?!

これらの症状の原因は、「体質的に合わない」からではなく、実は処方が間違っているから。

そもそも、「加味逍遥散」というのは顔が紅潮したり口が渇いたり熱感があったり、
そういう時に冷まそうとして肝火が脾に乗じたのが原因となる食欲不振を改善するもの。
これでは、より体温を下げてしまうね。

身体のバランスの乱れ具合を詳しく分析してみないとわからないけど、
入浴後に暖めても身体が冷たいということは、陽虚証という、臓腑の機能低下によって
体温を発生させられなくなる状態かもしれないね。
こんな時は温中散寒剤か補陽剤という漢方薬が用いられることが多いよ。
まずは病院へ行って医師の処方を受けるところからスタートしよう。

正しく処方された漢方薬とともに、ネギ・生姜・唐辛子・にら・鶏肉・海老などの食材を
温かい調理法で摂取したり、杏、桃、サクランボ、ライチなどの果物を摂るといいよ。

自分で効能をみたり、薬局の人に勧められたからと言って容易に試してみるのは禁物!
まずは医師に相談して、自分の症状に合った漢方薬を処方してもらおう。
むくみ・冷えに効く漢方

毎日8時間程のデスクワークでほとんど動かず、常にむくみが酷い状態。
さらに冷えも酷く、冬場はなかなか眠れない。
でも、仕事が忙しくて日曜日しか休みがないからなかなか病院には行けないし…
そんな皆さん、対策はどうしてる??

・ふくらはぎや足首、手首のまわりがひどくむくんでしまう
・二の腕から指先、ふくらはぎから足の指先まで冷える
・運動すると5分程で滝のような汗をかくけど、それでも手足は冷たい

などが、症状としてよく挙がっているね。
これらの症状を改善するためによく用いられるのが漢方薬。

むくみは、血流、水分代謝障害などが原因で発症すると言われているよ。
なので、水分循環を改善し、無駄な水分を取り除く働きのある「五苓散」という
漢方薬がオススメ。

それから、整骨院などでもよく使われているメドマーというエアマッサージ器を
この漢方薬と併用して使っていくと、さらに効果UP!
メドマーはむくみ以外にも血行促進、疲労回復、神経痛・筋肉痛の痛みの緩和などに
効果があるから、ぜひ試してみてね。

末端冷え性、生理前の情緒不安定、月経痛、不眠…
これらの症状で悩んでいる女性、たくさんいるよね?

近年、これらの症状に効果があるとされているのが漢方薬。
でも、知識もないし値段も高いし、なかなか試せずにいる人もいるんじゃないかな?

ツムラ、コタロー等のメーカーが種類をを豊富に取り揃えていることから、
漢方が多用されつつある現在。
漢方薬は効能より証(体質)を優先すべきものなので、証が不一致の場合は
効能が現れにくいだけでなく副作用を招く可能性も高くなってしまうよ。
だから、一番良いのは漢方や東洋医学に力量のある医師や薬剤師さんに相談すること。
医師からの処方の場合は漢方薬も保険適用となり3割負担で購入できるから、
市販の物を買うよりは経済的。
さらに証に合ったものを処方してもらえるから失敗するリスクも少ないね。

ちなみに、参考までに冷えに効く漢方薬を紹介しておくね。

・温経湯(ウンケイトウ):血行をよくして、体をあたためる漢方薬。
適応証(体質):虚証(虚弱)、寒証(冷え)、燥証(乾燥)、血虚(血流不足・貧血症状)

・当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン):体をあたため、貧血症状を改善する漢方薬。
適応証(体質):虚証(虚弱)、寒証(冷え)、湿症(水分停滞)、血虚(血流不足・貧血症状)

記事を書いた人 → いつもルンルン♪ 「サトミ」