食生活を改善して冷え性を改善する3つの食材

冬につらい…冷え性と乾燥

温かい血液が、心臓から一番遠い手や足の先まで回らず、
さらに筋肉が硬くなって血管を締め付けてしまう事で起こる冷え性。

改善方法は「血行を良くする」こと。
硬くなってしまった筋肉をマッサージして血液の循環を良くすることが大切だね。

具体的にオススメなのは『ツボ』をマッサージすること。
肩や腕を押していたい場所はない?
手の場合、痛い場所があったらそれは筋肉が硬くなっている証拠。
そこを毎日マッサージすることで、徐々に血流が良くなっていくよ。

足の場合は、お尻を押して痛い場所がないか調べてみてね。
痛いところがあったらマッサージをすると、数日で良くなるよ。
お尻のマッサージは一人だと難しいけど、寝転んで膝を立てて、お尻に固い野球ボールを
当てて転がすと効果があるから試してみてね。

乾燥はアロエ軟膏やハチミツ成分の入ったクリームなど、低刺激のものを塗って
ゴム手袋をして寝ると良くなるよ。

自分に合った改善方法を探して、早く良くなるといいね。

冷え性で手や足が寝れない程冷たいこと、あるよね。

お風呂に入ると40度でも火傷したような痛さを感じるなど、
つらい思いをしてる人も多いんじゃないかな?

冷え性の場合、まずは温めて血行を良くすることが大切。
お風呂では湯船に浸かって身体の芯から温めたり、
マッサージをしたりして、血の巡りが良くなるように工夫してみてね。
腹巻をしたり靴下を履いたりして、温めた身体を保温することも大切だよ。

冷え性の人が湯たんぽで低温熱傷する事が多いみたい。
それに伴って、傷治療専門のお医者さんが冷え性に効く薬を紹介してくれたよ。

冷え性はドルナー錠、オパルモン錠の内服で90%以上治るんだって。
1回2錠、1日3回の内服を2~5日間続けることで手足がポカポカしてきて
冷え性がなくなり、内服を止めても冷え性が再発することはないんだって。
万一冷え性が再発しても、1錠か2錠数回内服するだけで大丈夫みたい。
ただ、妊娠中の女性への投与はダメみたいだから気を付けてね。

いろいろ対策をしていてもなかなか治らない人は、薬を試してみたり、
病院でお医者さんに診てもらうことをオススメするよ。

食生活で変わる?!~冷え性改善方法~

寒い時期になると、手や足が冷えてつらい冷え性。
なるべく冷やさないようにして対策をしているのに
なかなか治らなかったりするよね。

冷え性の一因として挙げられるのが血行不良。
実は食べ物でこれを改善することで、冷え性が良くなるって話があるんだよ。

冷え性は末端から冷えるので、まず、身体を冷やす食べ物は摂取しないように
心掛けよう。
主に、乳脂肪、肉類、半固体のマーガリン、パーム油、カカオなどが身体を冷やすと
言われているよ。

それに加えて油脂過剰、運動不足も冷え性の原因になるから、意識してみてね。

和食は血流増加に効果があるみたい。
なるべく自炊をするようにして、玄米やそば等、油脂と砂糖低減で食事を
摂るようにすると、冷え性も改善されるかも。

冬は手足が氷のよう。夏でもお腹がひんやり。
いつでも体が冷えている冷え性。
西洋医学では「病気」として扱われていないけれど、
冷え性になった人はつらいよね。

原因は血行不良って言われているよ。
だから身体を温めようと思って着込んでも、そもそも血行不良が
良くならないと冷え性は改善されないみたい。

新陳代謝が悪く筋肉量の少ない人は、血行も悪くなりがち。
お風呂にゆっくり浸かって手足のマッサージをするといいよ。
生姜風呂は身体の中から温まるし、デトックスできるのでオススメ!

日頃運動不足を感じている人は何か身体を動かすことを始めてみよう。
特にエクササイズやヨガなどが冷え性に効果があるみたい。
運動不足が解消されると自然と新陳代謝もよくなるよ。

まずは代謝を上げて、血行を良くする事から始めよう。

記事を書いた人 → いつもルンルン♪ 「サトミ」