とにかくお腹まわりや手足を冷やさないことが大切

知ってる?「冷え性と腹痛の関係」

授業中、教室が寒くてお腹が痛くなった経験ない?
ひどい時は痛くて動けなくて、先生に保健室に連れて行ってもらった
なんて子もいるんじゃないかな?

実は意外と学生に多い冷え性。
でも、冷え性と腹痛って関係あるの?って
疑問に思ったことない?

実は、冷えるとお腹が痛くなる原因は、内臓の機能に関わっているよ。
食べた物などは内臓で消化・吸収しているんだけど、冷えると機能が
低下してしまうんだって。
腹痛や下痢の症状が出るのは、それで消化不良を起こすからなんだね。

そんな関係性がある冷え性と腹痛。
対策はとにかく温めること。
首、手首・足首など、「首」の付くところを温めるのが効果的。
また、腹巻やカイロなどでお腹も温められるとさらにいいよ。

女性がよくなる冷え性。
でも、実は男性にも冷え性で困ってる人が多いんだって。
特にあまり運動する機会がなく筋肉量が少ない人がなるみたい。
ひどい人は靴下を履かないと寝られない程…

女性用の冷え性対策グッズはよく見かけるけど、男性用ってあまり見かけないし、
いい解消方法があるといいよね。

そもそも冷え性は言い換えると「血行不良」

動脈硬化などにより毛細血管まで暖かい血液が回らなかったり、
外の気温により毛細血管が縮んでしまい、元に戻らなくて血行が悪くなってしまったり…
手や足の先など血液の行き届きにくいところに影響が出やすいよ。

解消法としては、やはり温めること。
手や足の先はお風呂で温めてマッサージするなど、血行が良くなる工夫をするといいよ!

ただ、冷え「症」ではなく冷え「性」っていうくらいだから、病気として
扱われるものではないのが現状。
だからって病院を受診できないわけではないので、
症状がひどかったり長く続くようだったら、一度病院を受診することをオススメするよ。
冷え性の場合、合併症状と心身の状態を自己判断した上で、
整形外科、内科、心療内科などその症状に一番近い科を受診するといいよ。

あなたは大丈夫?「隠れ冷え性」の実態

腕や足がひどく冷たいのに手首・足首から先が熱くなったことない?
これは重度の冷え性の証拠。
内臓が冷えると身体は必死に発熱しようとして、末端である手足が熱くなることが
あるんだって。
このせいで自分が冷え性だという自覚がわきにくく、「隠れ冷え性」なんて
呼ばれることもあるよ。

とにかくお腹まわりや手足を冷やさないことも大切。
なるべく腹巻や靴下を着用したり、お風呂では湯船にゆっくり浸かって
身体の芯まで温めるよう心掛けてね。

あとは、身体の内側から温めてあげることも大切。
体温以下の冷たい飲み物は避けて、生姜湯など身体が温まるものを飲むようにしてね。
ただ、生の生姜は逆に身体を冷やしてしまうから要注意。
生姜の他には根菜なども身体を温めると言われているから、
意識して取り入れてみるといいかも。

記事を書いた人 → いつもルンルン♪ 「サトミ」