血流をよくする ビタミンEサプリメント

血流を良くする
血流を良くするには、水分補給を怠らないことが大切です。
水は1日2リットル飲むのが目安で、
一気に飲むより何回かに分けた方が体に吸収されます。
1回の量はコップ半分程度にして、一口ずつ飲みます。
血流をよくするビタミンEサプリメントよりも効果のある飲み薬 → トコフェロンeナチュール 飲んでみました~
血流が悪くなると体の末端まで血液が届かなくなるので、冷え性になります。
運動は筋肉を使うので、筋肉が血液を送るポンプの働きをします。
運動不足の人が血行不良になりやすいのは、
筋肉を十分に使えていないためです。
有酸素運動や筋トレ、ストレッチがおすすめです。
有酸素運動は長時間続けることが大事なので、
ウォーキングや水泳など30分間は行います。
また血流を悪くする食べ物はできるだけ避けます。
脂分の多い肉やバター生クリーム、インスタント食品は、
血液をドロドロにして最悪の場合動脈硬化を引き起こします。
色が薄くて糖分や水分の多い食べ物は、体を冷やす作用があります。
例えばスイカや米、コーヒーなどが体を冷やす食べ物で
反対に玄米や根菜類、発酵食品といった色が
濃くて塩分を多く含む食べ物は体を温めて血流を改善できます。
血液自体がサラサラになれば血管内を移動しやすくなるので、血流が良くなります。
玉ねぎやにんにく、さんまなどが血液をサラサラにする効果を持っています。
さらにストレスを感じると自律神経の機能が低下して、
胃腸の冷えなど血流に悪影響を与えるので、
しっかりとお風呂に浸かってよく眠るなど
ストレスを溜め込まない生活を送ります。
そもそも血流はなぜ起こるのでしょうか。
血液は心臓という全身へ血液を送るポンプによって運ばれています。
この心臓のポンプは何で動かされているかというと、
脊髄から繋がる交感神経と副交感神経によって支配されています。
交感神経と副交感神経はそれぞれが反対の働きをしており、
血圧・脈拍を上げ、血流を促進させるのは交感神経の働きです。
交感神経は、ご存じの通り臨戦態勢、
つまり身体がアクティブに動き出すときに優位になる神経です。
この交感神経を働かせる簡単な方法として、ひとつは運動することがあげられます。
運動をすると心拍数が上がり呼吸も増えるのは、
この交感神経が優位になり、運動という臨戦態勢を整えるために身体の働きを活発にするからです。
当然運動し、心臓がドキドキと動いている間は血流は増進します。
続いてお風呂に入る方法ですが、
これは交感神経を優位にすることを考えるのであれば、
熱めのお風呂につかるのが良いでしょう。
39度以下のぬるま湯での半身浴が流行っていますが、
半身浴は副交感神経を優位にしてしまうため、
消化機能などは促進しますが、血流を良くするという点においては、
42度以上の熱いお風呂に入ってしっかりと汗をかくことにはかないません。
ちなみに、熱いお風呂に入るとそれだけで代謝が促進して、
かなりのカロリーを消費できるため、ダイエットにも有効です。
このような方法により、交感神経を優位にして
心臓の活動を高めることが血流を良くする方法のひとつです。
血流が良くないとさまざまな症状があらわれます。
冷え性や、肩や首のこり、頭痛、腰痛、
不眠症や、疲れがとれない、だるいなどさまざまです。
血流を良くするためには、健康的な生活を心がけるのが一番です。
規則正しい生活、睡眠をしっかり取る
栄養バランスのとれた食生活、この三つがとても重要だといえます。
これ以外にも、血流を良くするためには、
水分をしっかりと取ることや、体をなるべく冷えないようにすることも重要です。
また、健康的な生活にはかかせない、
適度な運動をすることも大切です。
その他にも血液の循環を良くするために、
お風呂での半身浴もいいでしょう。
お風呂上りの筋肉の緊張がほぐれた
状態でのマッサージも効果的といえます。
血流に良いとされる食材を積極的に食べるのもいいでしょう。
穀物類ではそばやゴマ、野菜類ではにんにくや
ニンジンカボチャなど、果物類ではりんごやぶどう、
魚介類ではタコやイカ、海藻類のわかめや
ひじきなども体を温める効果があるので摂ることをおすすめします。
血流をよくするには、血液の流れに悪い食材をさけることも重要なポイントです。
血液がドロドロになってしまっては、体にも悪い影響しか与えません。
避けるべき食材とは、脂肪分の多い肉、
バターや生クリームなどの乳製品、インスタント食品です。
これらは中性脂肪やコレステロールを
多く含んでいるため血流に悪い影響を及ぼしてしまいます。
上記に書いた内容をよく理解し、
生活の中に取り入れてみてください、
きっと血流が良くなり健康を保つのに役立つはずです。
血流をグングンよくするビタミンEサプリメント → トコフェロンeナチュール

記事を書いた人 → いつもルンルン♪ 「サトミ」