足のしもやけに悩む人の靴下のいろんな悩み

今年も「しもやけ」がとても辛いです!

子どもの頃から冬になると「しもやけ」になります。
人によって度合いやなるところが違うと思いますが、
私の場合、手と足は必ずなります。
ここ数年では足の指がとてもひどく、赤く腫上がります。
痛みと痒みでどうしょも無いです。
学校にいる最中でも気になって仕方ないです。
誰に聞いてもこれといった対策方法はみつからずひたすら我慢するしかないみたいに言われます。
どちらかというと足を温めた方が良く、
温かい靴下を履いてみたら?といわれたので実行していますが、
汗で靴下が湿ったりして履き替えるのが大変です。
また蒸れたりするのが嫌いです。
しもやけが治るような何か方法ってありますか?
ネットならわかりそうな気がしています。

そのつらさ、ものすごーくよくわかります。
自分も同じでした。
小学生ぐらいの頃からずっと、毎年なっていました。
効果がある治療法といったら、
ずばり「お灸」です。
30年位前、自分が中学生のときに新聞の記事になっていました。
火をつけたこより状のもぐさを患部に3秒くらい当てますから当然痛いです。
つねったような感じです。ただし即効で効果があります。
一晩で治ると聞いたらどうしますか?

「しもやけ」になったらどうしたらいいんですか?

昔からときどき冬になるとしもやけになっていましたが、
今年はものすごいです。
紫色になっていて腫れています。
足全体と特に指です。
ところどころに赤い斑点のようなものも見られます。
なにもしていなくても痛痒いです。
我慢できません。
靴下を厚手のものに変えたのに足は冷たいままです。
まさかこんな風になるとは思っていませんでした。
どうしたらいいのでしょうか?

血行が悪くなっているんですね。
しもやけ対策としては血行を良くすることが大切ですからまずマッサージです。
他には市販の軟膏などを塗ることが一般的な方法として聞いた事があります。
なってしまってからでは遅いかもしれませんがさらに悪化させないために予防策を少し記しておきます。
まず絶対しもやけになりそうなところを冷やさないことです。
冷たい水は厳禁です。
靴下が湿った場合はすぐに履き替えましょう。
汗は肌表面の温度を奪って蒸発していきますから足が冷えてしまうのです。
これを放っておきますといつも足が冷えている状態にるなのでしもやけになり易くなってしまいます。
素材は天然のものの方がうまく湿気を逃してくれます。
手の場合は手袋です。

しもやけが全然治りません

一週間前にしもやけになってからずっとしもやけが治りません。
最初は左足の小指でした。今では両足の小指、中指、薬指もです。
痛いのと痒みがひどく、よく眠れない日もありました。
お風呂上りに軽くもんだりスクワット運動などをして血行を良くしているのですが治る気配がありません。
一日中タイツと靴下を着用しています。
他にどんな対処方法があると思いますか?

「しもやけ」つらそうですね。
痒いのに触ると痛いしで困りますよね。
私もしもやけになる方なのでよくわかります。
一番私に効果があったのは市販薬ではメンソレータムです。
検索していると間宮アロエ軟膏というのもあるみたいです。

ひび、あかぎれで荒れた手などを修復。小林製薬株式会社の「間宮アロエ軟膏」についてご紹介いたします。
ここです。
靴下&タイツは良いですが、
汗で湿ってしまった場合は靴下を暖かい部屋で脱いで風通しを良くするとか、
履き替えるなどして蒸れを避けることが必要です。
また締め付けのあるようなデザインもNGです。
血行が滞ってしまうからです。
靴下はできれば天然の素材で余裕のあるもの、
やはりウールがいいです。
温かさを保ったまま湿気を逃してくれます。

「しもやけ」を早く治す方法ってありますか?

私は豪雪地帯に住んでいる高校生です。
もともと「しもやけ」になりやすく、今年もまた足が痛痒くなってきました。
高校も農業高校に進学したので否が応でも農作業をしなければならず、
多くの時間寒い屋外にいなければなりません。
週の半分は実習です。
治ってきてもまたすぐ「しもやけ」状態になります。
雪かきだけでも辛いのに、最悪です。
今年は足の裏全体です。
家族に聞いても対処方法がわからず困っています。
何か良い方法、特に患うと長くなるので早く治せる方法があったら知りたいです。

あんまりひどすぎる場合は病院に行ってもいいと思います。
それ以外で民間療法なら少し知っています。
「しもやけ」の原因は血行不良です。特に手足がなります。
体の末端の血流が滞ってしまったんです。
ですから対策としては血行や新陳代謝をよくする事です。
そこで効果があるものといったら「生姜」になります。
生姜を食事に取り入れることで体質改善できます。
さらに即効性のある治療方法をご紹介します。
干した生姜の葉の煮汁に足を浸す、
それから熱々のお湯に我慢して足を浸す(火傷には注意です)を2、3日やることです。
必ず軽減するし治りも早いです。

また「しもやけ」の季節かぁ・・・

今年もだんだん寒さが厳しくなってきました。
この時期に嫌なことがひとつあります。
それは「しもやけ」なんです。
子どもの頃からしもやけになってきました。
なりやすい体質なんだと思います。
手足にできます。
足はまだいいんです。
あったか靴下を3枚履きしたりして保温すれば結構大丈夫なんです。
だから大人になってからは足に「しもやけ」ができることは殆ど無くなりました。
そこで問題は「手」なんです。
手の「しもやけ」って辛いですよ。
ただあんまり聞いた事が無いし、
この辛さをわかってくれる人ってどれだけいるのかな・・・
なんて、時々思ったりします。
だって手は防寒できないんですよ。
外出するときは手袋できますけど。
困るのは家にいる時です。
手袋なんてはめてたら何にも仕事ができないですよ。
日常生活に支障をきたしますからほんと困ります。
特に小指です。
真っ赤になり痛痒いです。
見た目も悪くなるし、憂鬱です。
お風呂上りに温水と冷水を交互に浸すやつもやったことあるんですけど、いまいちです。
軟膏を塗ってマッサージもしましたがあんまりです。
仕方なく最後の秘策として温湿布貼ったりしてみてますが、全然ダメです。

「しもやけ」ってなんでできるんですか?

私は「しもやけ」になったことはありません。
なるのは母です。
ただ二人とも冷え性です。
確かに母のほうが冷えの度合いが強いようです。
母が「しもやけは足が冷えて血行が悪くなるからなる」と言っていました。
ところで私は母ほどではありませんがさっき言ったように冷え性です。
脱いだ靴下を触ってみると冷たいことが多いですし、
お風呂上りも速攻靴下を履いておかないと冷えてしまいます。
冷えが入って冷たくなってしまうと布団に入ってからでもなかなか温まらなくなってしまうんです。
それでも何故か幸い「しもやけ」にはなったことが無いので不思議に思っています。
ならなくっていいけど、これからなる可能性って私にもあるんでしょうか?
それに「しもやけ」の原因って本当に冷えや血行不良なんでしょうか?

体質や年齢ってこともあるかもしれませんね。
しもやけの原因は血行不良でいいと思います。
詳しく言うと毛細血管が収縮不能になってしまっているんです。
ならないということは、たとえ自分で冷えた、冷たいと実感していても、
中ではまだ毛細血管が正常に機能しているのだと思います。
条件が揃ってしまえば誰でもなる可能性があると思います。

「しもやけ」の旦那さんをどうにかしてあげたいです!

結婚してから3年目になります。
冬になるたびに気になっていることがあります。
それは旦那さんの「しもやけ」です。
足指にできています。
私はなったことがないのでよくわからなかったのですが、
毎年相当痒そうです。痛いとも言っています。
良いと聞いた市販薬を塗ったり、家では厚手の靴下を履いています。
湯船でマッサージもしていると言っていました。
が、毎年改善する様子は無く、暖かい季節になるまでどうしようもないみたいです。
仕事は営業をしています。
やっぱり寒いお外にいることが多いから治りも遅いのかな?と思ったりしています。
なにかしてあげられることとか、治療方法とかあるんでしょうか?

末端の血行障害を起こしているんですね。
手足を冷やさないように保温することが大切です。
また保温しっぱなしもよくありません。
温かくなったら靴下を脱ぐ→冷たくなったらまた履くを繰り返せると効果的です。
体温調節をうまくしてあげることが重要です。
また栄養素ですと血行を良くする働きのあるビタミンEとビタミンCを摂るように心がけましょう。
ビタミンEはナッツ類やうなぎで、
ビタミンCは柑橘類やピーマンです。

「しもやけ」のあれこれ

あとで参考にするためにも「しもやけ」についてまとめて置きたいと思います。
しもやけ=凍瘡(とうそう)。
寒さによって手足等の末端の血流が滞って起きた炎症性の発疹。
冬でも気温差の大きい時期になりやすい。初冬や冬の終わり。
できる部位は手足の指、耳・耳たぶ、鼻先。
頬、膝、腕にできることもある。
冷え性や紫外線に弱い人、動脈硬化で抹消循環に滞りがある人、
寒いところで裸足で遊ぶ子どもがなりやすい。
赤く腫れて、ひどい場合は水泡、びらん、さらには潰瘍になることも。
アレルギー体質の場合は特に強い痒みが出る。
抹消循環が困難な体質の遺伝、自律神経失調症、多汗症、無力性体質、
多湿で寒い住環境または仕事環境、肝炎ウイスルキャリア、
風邪や気管支炎後のウィルス細菌アレルギー、
自己免疫障害など多様な原因が考えられる。
寒い場所で肌の露出を控える、耳や顔をマフラーや帽子で防寒する等の対策ができる。
足には五本指の靴下。その上に長めの温かい靴下を重ねて履く。
手には手袋。水仕事の際にはゴム手袋を着用、
中に綿手袋をするとさらに良い。
防寒対策をした格好である程度動いて体を動かし血行を良くする。
摂りたい栄養素はビタミンE。

靴下を子供に履かせたいんですけど・・・

現在3歳と1歳になる子供がいます。
うちはフローリングですが床暖房を入れていて、
ヒーターもつけて温かくしていたので、
子供は真冬でも靴下を履かせずに過ごさせていました。
あと赤ちゃんの頃は手足で体温調節ができるから靴下はいらないと聞いた事がありました。
ところが今年になって二人の足に「しもやけ」を見つけてしまいました。
これは大変と最近になってから毎日「靴下履いて~!」と言っている状態です。
しかし履かないことに慣れてしまったためか履かせてもすぐに嫌がって脱いでしまうのです。
確かに床暖房はリビングのみ。
洗面所やトイレ、廊下や階段は冷たいままです。
やはり親である私が悪かったのか・・・。
しかも靴下嫌いな子供に育ててしまったのでしょうか。
どうしたら良いでしょうか?

ああ、それ聞いた事があります。
手足で調節できるって言う話。
嘘じゃないと思いますけど個人差がやっぱあるんじゃないですか?
雪国地域で真冬に裸足でも全然平気な人もいれば、
病気みたいになってしまう人もいるもんです。
膝上まである長めの靴下を履かせるとなかなか脱げないので諦めたりしますよ。
後は履いた時に喜んでみせるとかですね。

「しもやけ」のかゆみをどうにかしたいです!

私は毎年冬になると「しもやけ」ができる冷え体質です。
足が多いですが手にできる年もあります。
毎回時期が来るまで治りませんから治療方法とかは期待してないんですけど、
とにかく毎年繰り返すこのなんともいえない「かゆみ」をどうにかしたいんです!
なにか効果的な対策とかあるんでしょうか?

わかりますよ。
私もあの痒みには何十年と悩まされ続けてきましたから。
大人になるとならなくなってきましたが、
まったくできない年ばかりというわけではありません。
いろんな対策も試してきました。
効果があると思ったのはトクホンやサロンパスを患部に巻くことです。
やり方ですが、まず風呂の湯船で患部をよく指でもみほぐします。
次に風呂から上がったら足が冷めないうちにその貼り薬を適度な大きさに切って患部に貼ります。
それからその上に靴下を履きます。
そのまま睡眠に入り、日中を過ごします。
次の入浴時まで貼りっぱなしです。
たぶん痒みには効果があると思いますよ。
しもやけになりそうな部分に早めに貼っておくとならずに済んだりします。
ただかぶれそうな場合は中止して下さい。
また冷と温があるので自分で調節して下さい。

記事を書いた人 → いつもルンルン♪ 「サトミ」