「寒さによる血行障害」が原因

そろそろしもやけの季節…
この時期になると手や足が赤くパンパンに腫れてとっても痛い。
よくなってきたかなーって思ったら、今度はかゆみとの闘い。
温めたり、マッサージをしたりして血行を良くするようにしてるのに、
なかなか治らないとつらいよね。

しもやけになってしまった時は、やっぱり血行を良くすることが一番。
こたつやお風呂で温まったところでマッサージをして、
血行を良くしていこう。
それだけだと治らないって人は、市販の軟膏を使ってみて。
オススメは「間宮アロエ軟膏」
これは患部に塗っても染みないから安心して使えるよ。

その前に!
しもやけ予防、ちゃんとしてる?
まずは手や足を冷やさないこと。冷たい水は肌の表面温度を下げて血行を
悪くしてしまうから、湿った靴下や靴はすぐに取り替えてね。
その時、水分をしっかり拭き取ることも忘れずに。

そして、次は保温。
締め付けるものは血行を悪くしてしまうから、締め付けのないもので、
厚めの靴下や手袋を着用してね。
天然素材のウールや綿は温かさをキープしながら湿気を逃してくれるから、オススメだよ。

これってしもやけ?
~私のしもやけ体験談~

今までなんともなかったのに、数週間前から爪の生え際辺りから浮腫み始めて、
それが小指、薬指、中指、人差し指…と、だんだんに広がってきてる。
この数日は小指から中指までパンパンになっちゃって曲げられない程。

頻繁に手を洗うし、水仕事をすると染みることがあるからしもやけかな?

でも、指の甲側が赤くなって関節部分を押すと痛みがあるだけだし、
「しもやけ=暖めると痒い」ってイメージだから
暖めても痒みがほとんどない私はしもやけではないのかな?

そんな風にモヤモヤ悩んでたんだけど、この症状、完全にしもやけだったみたい…

まだ痒くないからしもやけじゃないなんて大間違い。
出来てからピーク時は、指がパンパンに浮腫んで関節がジンジンと痛いことがあるんだけど、
それが暖かくなってきて治りかけてくると今度はブヨブヨになってきて…
さぁ、痒みとの戦いのはじまりはじまり。

そうならない為には普段からの予防が大切。
①冷やさないこと
②濡れた手や足はしっかり拭いて、水分をきちんと取ること
この二つだけでもしっかり守ってね。

痒くないから大丈夫なんて思ってる人は危険信号!
早めに皮膚科で診てもらって、飲み薬や塗り薬をもらった方が治りも早いから
まずは病院へ!

予防にも、症状の緩和にもオススメ☆
しもやけには○○○!!

痛くて痒い、しもやけ。
できればなりたくないよね。
みんなは普段から手や足を暖めたり、水分をしっかり拭き取ったりと
しっかり対策をしているかな?

今回はそれ以外に、しもやけを予防したり症状を緩和したりする
ステキなアイテムを紹介するよ☆

その名も…”ピップエレキバン”

え!?って思った人もいるよね。
でも実は、これがしもやけにとっても効果があるの!

どういうことかって言うと…

体が冷たい状態に長時間さらされることによって、手足や顔などの末端の血流が
鈍ることで発症するのがしもやけ。
要するに「寒さによる血行障害」が原因って言われてるんだ。
ピップエレキバンは磁気の力で血行を改善する貼り薬だから、
その効果がしもやけにも効くみたい。

貼る注意点としては、「各部位の血流のツボに貼る」こと。
例えば足の指が痒かったら、外くるぶし・脹脛などに貼ると効果的だよ。

ぜひ、試してみてね♪

記事を書いた人 → いつもルンルン♪ 「サトミ」